地域に根ざした
輝くオアシス

 

 

認定こども園みのり

お知らせ

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%article_short_40%]

 

公開情報

昭和52年4月 みのり保育園開園(創設者 岸本満津枝)
         定員120名
平成8年    乳児棟(きらり)・子育て支援室増築 定員150名
平成12年   定員195名
平成12年7月 Pure Kidsみのり保育園(定員30名)開園
平成13年   定員200名
平成14年   定員210名
平成22年4月 幼児棟(2~5歳児)増改築 定員240名
平成27年4月 play house増築       定員270名
平成31年4月 認定こども園に移行    定員285名
                   (教育認定15名 保育認定270名)

どうして”みのり”って名前なの?

子どもたちが成長する時間を大切に過ごしてほしい

みのりが「オギャー」と産声をあげた頃、日本の国はお米が貴重な食品。
 稲代に蒔かれた籾(もみ)は、長い月日の中でたくさんの人たちの手で育てられ、日照りや雨風にも耐え、やがて黄金の輝きとなり、折れ曲がるほどに実った稲穂は深々と頭を下げています。
多くの人たちに愛され育まれて成長したみのり保育園の子ども達がどんなに立派になっても、いつも稲穂の如く、深々と頭をさげる事が出来る人になって頂きたいと願いを込めて名付けました。

 

保育理念

地域に根ざした輝くオアシス 

子ども像

命の尊さを知り勇気ある子ども

保育目標

〇十分に養護の行き届いた環境のもとに、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。
〇様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。

きる育む

 

 
保育内容の紹介 

乳幼児の子どもには認知能力を育てる以前に、非認知能力を育てることが大切だと言われています。非認知能力とはIQ(知識)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」など個人の特性です。
これは遊びを通して学ぶ能力といわれています。また、たくさんの異年齢の子ども達と関わることで対人スキルやコミュニケーション能力を高めることにつながります。これは自分の力で生き抜いていく力になります。生きる力を育むためには「早寝・早起き・朝ごはん」「テレビ・ビデオ・スマホより絵本」基本的な習慣を身に付けることが大切です。大切な子ども達が将来豊かな人生を送ることができるよう“根っこ”を保護者の皆さんと一緒に育てていきたいと思います。

 幼児期の発達の基盤づくりのために、特に乳児期の過ごし方に力を入れております。0歳児はもちろんですが、1・2歳児も一斉に食事をしたり睡眠を取ったりはせず、一人ひとりの生活リズムにできる限り合わせて生活をします。空腹を満たしてくれる食事の関わりを丁寧に行うことによって心も満たされ、安心して生活を送ることができます。また1・2歳児はグループで生活をすることにより心身が安定し、遊びに没頭できるようになります。

 2つの大きな園庭があり、裸足で園庭を駆け回ったり、砂場での遊びやボール遊びなど自分のしたい遊び(主体的に)を見つけ、思いっきり身体を使って遊びます。だから毎日服が汚れます。それは、たくさん遊んでいる証拠です。また、園の周りには自然が溢れ、散歩したり、虫や花を見つけたり、季節の移り変わりを五感で感じます。
 室内には発達や年齢に応じて玩具を用意し、ごっこ遊び、パズルなどの微細運動、大型遊具を使っての全身運動など子ども自ら玩具を選べる環境を用意し、自らがしたい遊び(主体的に)ができます。

 第2の心臓と呼ばれる足の裏。五感の刺激が脳の発達を促進させると言われています。また土踏まずの形成やバランス感覚の向上に役立つと言われています。
 

 乳児棟と幼児棟に給食室があり、そこで給食を作っています。“素材の味を子どもにおしえたいな”を合言葉に、おやつを含めて20品目を取り入れ、化学調味料は一切使わないで調理をしています。素材の味(旨味)を引き出し、薄味で身体に優しい給食です。

 毎朝、体操・乾布摩擦・マラソンをして、規則的な生活リズムを作り、また、マラソンを通して強い身体と心を育て、足腰がとても丈夫になります。 
 乾布摩擦は皮膚の体温調節が高められ、皮膚の血行が良くなり、全身の循環機能が刺激されます。
 

 “Good morning”“How are you”
 国際社会で活躍するであろう子ども達。
世界に住んでいる人々とコミュニケーションをとる手段の一つとして、2歳児から5歳児の子どもを対象に、週1~2回ネイティブと日本人の先生に来て頂いて英語遊びとして保育に取り入れています。又、0歳児の子ども達から日常の保育の中で英語のうたを歌ったり、簡単な挨拶をしたり、話しかけたりしています。
 
 

 月に1回体操コーチに来て頂いて楽しい運動遊びを取り入れています。子ども達は毎回興味津々で楽しく活動に参加し、遊びながら様々な運動機能を発達させています。また、運動能力を出来る限り伸ばしてあげたい。ブリッジ歩きや側転、とび箱など様々な事にチャレンジをします。
 
 

園内菜園
 

・英語(3歳児~5歳児)
・ピアノ(4・5歳児)
・パーカッション(4・5歳児)
・スイミング(5歳児)
希望される方は事務室で尋ねてください!

4 月 新しいお友達を迎える会
内科検診・歯科検診・三上山登山
5 月 よもぎ餅つき 英語参観
6 月 親子参加 保育参観 シルエット劇場
7 月 夏祭り カレー作り
8 月 Summer camp
9 月 敬老会 園外保育 陶芸ツアー
10 月 運動会 内科検診
クリーン活動 給食参観
11 月 絵画展 保育参観
12 月 餅つき Winter carnival
1 月 Winter camp 給食参観
文字参観 英語参加
2 月 保育参観
3 月 卒園式

※毎日の定例行事…各園児の誕生日を祝う会
※毎月の行事…避難訓練・消火訓練・運動遊び・身体測定
※その他…小中学生との交流 デイサービスとの交流
祖父母参加(2年度は新型コロナウイルスの影響で中止) 料理教室(保護者)
 

施設概要

住所

〒525-0028 滋賀県草津市上笠1-9-15

電話番号

077-562-4807

FAX番号

077-562-4897

定員

全体 285名(0歳2ヶ月から就学前まで受入)

教育認定  15名(定員)

保育認定 270名(定員)

駐車場

あり

子育て支援

・園庭開放(月~土)9:00~16:00
・園舎開放(毎週木)9:00~12:00
・催し物 毎月1~2 回

 

アクセス